-
ホーム新着情報 > 保定
 
  • mixiチェック

保定

■2019/02/01 保定
検査や処置のため、動物の動きを制御する時に使う言葉。保定は何も病院だけではなく、家庭でも必要な場合があります。薬を塗ったり飲ませる時、爪を切る時。何処からか血が出ているのを認する時等々。間違ってはいけないのが、必要でなければしない方が良いと言う事。人も動物も怪我をしないようにする事。例えば爪切りも、一人で出来るなら保定は必要ありません。また、力一杯押さえ込まなくてはならないのなら、家庭では無理をしない事。理想の保定は小さな力で動きをコントロールする事です。コツは極力身体に近い場所を押さえる。前肢なら肩付近、もしくは肘より上。後肢であれば膝より上、股関節付近。犬や猫の四肢の各関節は人のそれよりも、可動域が狭いので、身体に近い関節を制御するだけで、そこから先の関節の動きもコントロール出来ます。肩から前肢を前方に動かすようにすると、肘と手首も伸びます。人では例え「前ならえ」や「万歳」の状態にして肩を固定しても 、肘を曲げて自分の頭を触ることが出来ます。勿論犬や猫でも肩を固定しても肘や手首を曲げようと思えば曲げられますが、かなり難しくなります。また、四肢をコントロールしながら、動物の体と人の体を密着させると更に動きを封じ込むのがやり易くなります。ただ、先程の述べたように家庭では決して無理をしないでください。お互い怪我をしたり、関係が悪化してしまうかもしれません。テクニックとして知っておいて損はありませんが無理をしないように。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
アンジュ動物病院
http://www.ange-ah.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市山田町1694-2
TEL:042-667-4054
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/N6kTCM
Twitter:http://goo.gl/elUfyu
mixi:http://goo.gl/Mxft5V
ameblo:http://goo.gl/sn4vXg
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ページ上部へ