-
ホーム新着情報 > 毛引き症
 
  • mixiチェック

毛引き症

■2017/06/13 毛引き症
内科疾患や寄生虫、腫瘍が原因の場合もありますが、精神的な不安定から発症することが殆んどです。人為的な時もあります。飼っている子が皮膚を気にするようなので、軟膏を塗ったら余計気にするようになり、毛を抜くようになってしまう事もあります。基本的には鳥の皮膚や羽に何かを塗るような事は避けましょう。さて、精神的な問題で毛を抜く場合の多くは、欲求不満や退屈と言ったことが原因になります。人とのコミュニケーションを期待する子は、かまってもらう時間が減ったり、生活のリズムが狂うとストレスが貯まります。遊ぶ時間をある程度決めておくのも良いでしょう。遊ぶ時はじっくり遊んであげて、終わりになったらスパッと切り替える。(精神的に)距離を取る時間も必要です。「今は遊ぶ時間ではない」時は相手をせず、遊ぶ時とのメリハリをつけてあげた方が理解しやすいです。ずっとベッタリしていると、相手にされない時により大きなストレスとなってしまいます。一人で平気でいられるように育ててあげましょう。それは全く相手にしないと言うのではなく、相手をする時は全力で遊んで、終わったら一人で籠の中でも落ち着いていられるようにしてあげる事です。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
アンジュ動物病院
http://www.ange-ah.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市山田町1694-2
TEL:042-667-4054
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/N6kTCM
Twitter:http://goo.gl/elUfyu
mixi:http://goo.gl/Mxft5V
ameblo:http://goo.gl/sn4vXg
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

新着一覧

ページ上部へ